MX ERGO

皆さんこんにちは。YAKO FREPPYです。

MX ERGOというマウス買いました。仕事効率化のためです。

「ガジェット」と聞いて「なにそれ?」という方のために念のため説明しておくと、ガジェットというのはWikipediaではこんな風にいっています。

ガジェット(gadget)とは一般に道具、装置、仕掛けのこと。

引用:Wikipedia

なんかピンときませんね。

オンライン辞書「Weblio」の方がピンとくるかもしれません。

ちょっと気の利いた小道具や装置。

引用:Weblio

そう、ガジェットとは、気の利いた道具のこと。おそらく一般的な用途では電子機器製品の周辺機器によく使われている単語です。

マウス、Apple Watch、USBなんかもガジェットですね。

ガジェットで仕事の時短・効率化を考える

私はつねに、効率化とか、時短を考えています。

なぜなら時間こそ貴重な財産。

以前は「丁寧に暮らす」みたいなことを実践していましたが、起業、とくにスタートアップ時はそういう優雅な時間は持てません。30分、1時間でも貴重なものとなります。

今はAIが進化して、家事労働もロボット家電が代行してくれる世の中になりました。

たとえば掃除機ルンバも、もし大きな家に住んでいて掃除機にすごく時間がかかるなら、さっさとお金を払って導入しちゃえ、という考えです。

掃除は女の仕事、なんていう先入観があって「家事さぼってるかしら?」なんて思わなくていいのです。

だって、洗濯機が昭和初期に登場したときも、「手洗いでやらなきゃ汚れは落ちん!女は手抜きしちゃいかん!」みたいな方もいらっしゃったみたいですけれど、令和の今、手洗いして洗濯してる人なんてほとんどいませんよね。

時代とともに、私たちも変化していっていい。

ガジェットで効率化して、あまった時間でビジネスのアイデアを考える時間に充てたり、家族で過ごす時間に充てたりした方が、幸せになれそうじゃないですか。

新しく導入したマウス、MX ERGO

Amazonで1万円ちょっと。

マウスとしては高額な部類ですが、クリエイティブ系の人には欠かせないショートカット機能をボタンに割り当てられる、という高機能マウスです。

最近動画編集を始めて、「あのー」とか「そのー」とか言っている音声をカットするのに、手元でサクっと処理できたら素敵💛 と思って買いました。

ノマドワークにはマストなマウス

私はPCひとつで仕事ができるスタイルなので、外出先でも旅先でも、時間があればすぐにノートパソコンを開いて記事執筆をしたり、資料を整理したり、という作業をします。

ノートパソコンにもトラックパッドがついていますけど、あれ、個人的にうまく使いこなせないんですよね。

イライラするのでマウスは必需品。

なんですけれど、たとえばカフェの小さなテーブルでマウスを動かせないってことあるじゃないですか。

そういうときに、このMX ERGOは威力を発揮します。

親指のところにトラックボールがついているので、マウスを動かさなくても親指だけ動かせばカーソルが動く、ってことなんですね。

マウスパッドから解放される

私、マウスパッドは使わない派だったんですけれど、マウスパッドがないと「マウスが滑らない」とかそういうことじゃなくて、デスクに傷がつく、ということを知りました。

気が付いたらテーブルの、マウスをいつも動かしているところの塗料に傷がついて、結果的にマウスが滑りづらくなっちゃったんですよね。

なので、マウスパッドは外出先でも持ち歩かなくちゃいけないのかなぁ、と思っていました。

身軽に動きたいのと、こういう風に効率化のためにガジェットも持ち歩く人なんで、できるだけ少数精鋭で厳選したものだけを持ち歩きたい。

マウスパッドも小さいものも売られていますけど、ひとつでも持ち歩くアイテムを減らせるなら、それに越したことないですよね。

MX ERGOは、マウスを動かす必要がないので、固定でテーブルの上において親指でトラックボールをくるくる動かせばいいだけ。実によく考えられています。

効率化のために「買ってよかった!」と思ったもの

仕事を効率化して、面倒な作業から解放される。

こういう価値観のもと投入したガジェットで「買ってよかった!」と思えたものは、15インチのモバイルディスプレイです。

ノートパソコンは13インチのものを使っているんですが、たとえば資料をデスクトップ上に開いて参考にしながら記事を書きたい、ってときがけっこうあります。

そんなとき、画面を切り替えたり画面分割して小さなウィンドウで作業するのは、非常に非効率なんです。

私が買ったのは、台湾のCocoparというメーカーのもの。

たいへん気に入って、「もっと大きいのも欲しいな」と18インチも導入していますが、やはり重い&厚いというデメリットがあるので、気軽に鞄に入れて持ち歩く感じではないので自宅専用になっています。

15インチのものは、薄くて軽くて、鞄にもスルっと入るので便利です。

たとえば、旅先のホテルで仕事をするときに、デュアルディスプレイで作業するのは自宅で仕事をするのと変わらない感覚ではかどります。

ご参考にしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です