13カ所ある外湯巡りと温泉卵づくりが楽しい。野沢温泉に行ってみた

野沢温泉は、本格的に温泉巡りを始めた2年目に訪れた温泉。

外湯が13か所もあるので、温泉好きにはたまりません。

野沢温泉の特徴と楽しみ方をお伝えします!

野沢温泉はウィンターシーズン以外もおすすめ

野沢温泉は、冬はスキー客でいっぱい。有名な温泉なので、スキーを楽しんだついでに寄ったことがある人も多いと思います。

スキーで疲れた筋肉をほぐすのに温泉は最高ですね。

でもあえて、スキーシーズン以外の季節での野沢温泉をぜひ楽しんでほしいです。

外湯は13か所あるのですが、細い坂道だったりアップダウンが結構あるので、雪道で外湯を回るのはちょっと厳しいです。

雪深い時期は宿泊先の温泉にじっくり浸かるか、せいぜい宿から近い外湯に入るくらいしかできません。

8月の頭に花火が遠くに見えることがあります。旅の思い出になりますよ。

生卵持って行けば温泉卵を無料で作れるスポットがある

野沢温泉で温泉卵野沢温泉で温泉卵

野沢温泉街は、宿が集中しています。小さな温泉街なので、歩いて回れます。宿によって、外に温泉卵用の設備があります。街を散策していると、木の板で覆われているのところがそうです。

旅行客というよりも、地元の人が利用されている印象。上の写真は住民のための温泉卵専用泉で、旅行客は使うことができません。(大きいので危険なのかも)

旅行客は下の写真のような、宿にある設備を使います。自分が宿泊している宿じゃなくても、自由に使わせてもらえます。

地元の人は、竹籠に入った生卵を10個くらいまとめてそのままお湯に浸けていました。

残念ながら温泉卵用の生卵を売っているお店がわからずやりませんでしたが、お土産屋さんで取り扱っているかもしれません。

朝市の雰囲気は温泉街ならでは。早起きして地のものを買おう

野沢温泉の朝市

野沢温泉の朝市は、朝6:30~7:30の一時間。

大湯通(外湯の「大湯」近く)で開かれます。

ちょっと寝坊すると見る影もなく撤収してしまうので、朝早起きして行ってみてください。

漬物や野菜をはじめ、地元の方たちが作った特産品を買うことができます。

野沢温泉の共同浴場は全部無料!

外湯マップにあるとおり、外湯は比較的集中しています。

これらの13か所の共同浴場と2か所の足湯はすべて無料です。江戸時代から続く「湯仲間」によって今も管理されています。湯仲間は、野沢町の住民のみなさんで、ボランティアです。江戸時代から温泉の歴史と文化を守るために努力されているのが伝わってきます。

外湯巡りのこつは、じっくり入るのではなくほんの2~3分でさっと入ってさっと出ること。

じっくり入っていたらのぼせてしまいます。散策のついで、という感じでザブンと入ってすぐ出てしまいます。

[adsense2]

わたしは二泊三日で13か所全部回りました。1泊の場合は5箇所回れればいいほうだと思います。

夜は真っ暗になって街灯はほとんどないので、外湯回りをするのは難しいです。

また、坂が多いので高齢者を連れてあるくのは厳しいです。転倒しやすい方、車椅子の方などは、細い路地や階段を登っていく箇所もたくさんあるので、大湯通沿いの外湯がいいと思います。

また、お風呂によっては手すりがないところも多々あります。

高齢者の場合、ご家族と一緒に入ったり、補助がある環境で入ってください。

外湯に全部入るのは体力的に厳しい、という人は、やっぱり大湯がおすすめ

野沢温泉 大湯

外湯13か所も無理!という人は、やはりおすすめは「大湯」です。

天井が高く開放感があり、比較的広いので気持ちいいです。

地元の人も夜になるとこの大湯にくる方も多いみたいですが、それぞれ「マイベスト」があるようで、竹の湯籠を下げて他の小さな外湯に通っている方もいました。

野沢温泉は野沢街の住民に無料で外湯を開放しています。

大湯はちょっと温度が高め。水で薄めると地元の人に注意されますので気を付けましょう。

[adsense3]

野沢温泉の足湯スポット

わたしの父は足湯が大好き。

高齢になると動作がゆっくりになり、着替えるのもけっこうなエネルギーを使うので、わたしのように外湯を制覇!というわけにはいきません。

足湯は心臓に負担が少ないので、高齢者にはとてもおすすめです。

父は足湯がある温泉にいくと、「足湯ぜんぶ制覇する!」と楽しそうです。

足湯なら父娘も一緒に入れるので会話もできますし、温泉の愉しみのひとつです。

足湯にも「当たりはずれ」があって、お湯は熱めの方が気持ちいいです。温泉街の足湯は「当たり」が多く、いつもマップで確認します。

ぬるい足湯は、どちらかというと子供連れの方向けのようで、こどもが低温やけどを起こさないよう、ぬるめに設定しているところが多い印象です。

泊まった宿はここ

野沢温泉野沢屋

中心地に近く、散策がしやすい宿です。

野沢温泉から温泉を引いているので天然温泉に入れます。

野沢屋の朝食宿のご主人はとても親切な方で、お料理もとても美味しかったです。

Wifi、エレベータ完備です。ただ、このお宿に行くまでにちょっとだけ坂があります。高齢者はご注意ください。

野沢温泉へのアクセス

野沢温泉観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です