四万温泉

初めて四万温泉に訪れたのは、読書会の友人3人と「読書合宿」と称して行ったのが最初です。

気の置けない友人と、温泉や読書を楽しみ、夜お酒を飲みながら本の紹介をするという、とても楽しい旅行でした。

それを機に、その後3回も再訪しています。

四万温泉の名前の由来

四万温泉の名前は、四万の湯が『四万(よんまん)の病を癒す霊泉』であるとする伝説に由来します。
出展:四万温泉の蘊蓄

四万温泉は東京からの直行バスが便利すぎる!

わたしは車を持っていないので、基本的に移動は電車かバス。

四万温泉は、東京駅近くのバス停から四万温泉への直行便が出ています。3時間半程で到着します。お昼過ぎにはついてしまうので、時間も有効に使えて便利!

電車の場合は上野駅から中之条駅まで来て、路線バスに乗り換えて四万温泉に向かいます。トータルで直行バスと同じくらい時間がかかるのと、交通費が割高になってしまうので断然直行バスがおすすめ!

車の場合は八重洲ICから伊香保ICまで、そのあとは一般道で四万温泉に向かいます。

お土産屋さんや食堂もあり、温泉以外にも楽しめる!

四万温泉

四万温泉にはお土産屋さん、お蕎麦屋さん、お寿司屋さん、定食屋など、食べるものには困りません。数は少ないですが、食事処がほとんどない秘湯ばかり行っているわたしにとって、四万温泉は散策も買い物も食事も楽しめる、いいとこどりの温泉です。

散策にはちょうどいい。川沿いを歩いてみよう。

四万温泉

四万温泉の中心には四万川が流れています。

清流の音を聴きながらの散策は、外湯で火照った体を冷ますのにぴったり。

共同浴場は3つ。露天は1つ。全部無料の太っ腹!

四万温泉共同浴場

四万温泉 上の湯四万温泉 ご夢想の湯四万温泉 足湯だと思ったら混浴


四万温泉には共同浴場が3箇所。

すべて無料です。バス停にほど近い場所にある共同浴場は、バス出発30分前でもザブン!と入って帰りのバスの中で爆睡します。

そして、川っぺりに温泉もあります。足湯だとばかり思っていてここで友人と読書会をしました。気持ちよかった!

地元ではこどもたちが川遊びで冷えた体を温めるのに人気な温泉だそうです。

四万温泉に来たら絶対食べてみて!焼きまんじゅうが美味しすぎる!

四万温泉焼きまんじゅう四万温泉焼きまんじゅう


四万温泉で、生まれて初めて「焼きまんじゅう」なるものを食べました。

まんじゅうというネーミングからお餅っぽいのかな、と思いきや!麹がほのかに香るパンのような生地の上に、味噌を塗って香ばしく焼いて食べます。

一本に4つ付いていて、見た目とてもボリューミーですが、軽い生地なのでペロリと食べれてしまいます。とっても美味しいので、ぜひ食べてみてください。一本300円と、とてもリーズナブルです。

ここのおばちゃんは…ちょっと不愛想ですが、以前にテレビに出たときは愛想がよくて、別人か!と驚きましたが…ご愛敬です。ぶっきらぼうで愛想は悪いですが、美味しいお饅頭を焼いてくれます。

四万温泉には、少し離れてもう一軒の味噌饅頭屋さんがありました。

四万温泉焼きまんじゅう四万温泉焼きまんじゅう


こちらは、ちょっと小さめ。生地も少しかたいかな?

きっと地元の人は自分の好みで買い分けているんでしょうね。食べ比べも楽しいですよ。

四万温泉の密かな楽しみ。帰りのバスの前にとんかつを食す。

バス停近くに、とんかつ屋さんがあります。

帰りのバスの時間までの時間つぶし兼ランチにちょうどいい感じで食べられます。

バス停がすぐそこなので、乗り遅れる心配なし!

四万温泉の効能

四万温泉の泉質は源泉により多少成分量は異なりますが、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉です。

出展: 四万温泉の泉質と効能

お湯は無色透明、硫黄臭もそれほど強くありません。

まとめ

四万温泉は食事も買い物も外湯巡りも楽しめる、いいとこどりの温泉。

東京からは高速バスで一本、三時間半で着いてしまう、一泊二日でも十分満足できる温泉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です