台湾の朝ごはん

こんにちは、YAKOです。

私は台湾が大好き。人は優しいし、ごはんは美味しいし、見所もメトロが発達していて電車でほとんど行けるし、行くたびに新しい発見があります。

特に、ディープな台湾を知りたいなら、台湾ローカルな食堂で朝ごはん。

朝食付きのホテルもいいけれど、あえて朝食なしに!

台湾に初めて行った時、台北駅から徒歩1分のコスモスホテルを予約しました。コスモスホテルは朝食つきと無しが選べるのですが、朝ごはんは当然つけるべきと、あまり深く考えずに「朝食付き」に。

ビュッフェスタイルのよくあるホテルの朝食で、料理は台湾料理というより、外国のお客様も食べられるよう、洋食や中華中心でした。

美味しいんだけれど、可もなく不可もなく。

なぜなら、台湾に来る前にリサーチしていた、胡椒餅や大根餅など、ローカルフードは全然なかったから!

台湾は料理天国。牛麺やるろうはん、小籠包、豚足、火鍋など、食べてみたい台湾料理はいっぱいあるのに、食べられずに終わる、というのはよくあること。

ブッフェ朝食で「無難な朝ごはん」でお腹いっぱいになってしまうのは、すごくもったいない!そう実感して、2回目からの台湾は、朝食抜きでホテルを取っています。

朝起きてエレベーターで朝食会場に移動して食べる、というのはとてもらくちん。

たぶん、高齢の親と一緒の旅行なら、朝食つきの方がいいです。朝食専門店に行くために、メトロで移動したり駅から離れていて、けっこう歩かなきゃいけないから。

足腰に不安がない人は朝食専門店、ぜひトライしてみてください。移動の大変さが帳消しになるくらい、台湾の朝食は最高に美味しいから!

しかも、数十円~数百円で台湾の美味しい朝食をお腹いっぱい食べられるので、朝食なしでホテル代を抑え、さらに節約できるんです。

台湾では「朝ごはんは朝食専門店」が根付いている

台湾の朝ごはん

台湾では、現地の人は朝食を外で食べる、という習慣が根付いているようです。その理由は、安くて美味しいから!

朝食専門店というのは、その名の通り早朝からせいぜい10時くらいまでしか開いていない、朝だけOPENするお店です。店主は他にもお店を持っていたり、仕事をしていたりするんでしょうか。台湾あるあるな不思議です。

若い人も、通勤前にサクっと店内で食べて行く人や、夜店の金魚がとれたときにもらう、小さなビニール袋みたいなのに持ち帰る光景も、台湾あるあるです。

台湾は暑いから、食材とかをたくさん買い込んでも腐らせてしまったりするからでしょうか。

台湾に長く息づく、伝統のひとつが「朝食専門店」ともいえます。

言葉は通じないけれど、現地の人たちとの交流が楽しい

台湾の朝ごはん

台湾は、昔日本の占領下にあったので、高齢の人は日本語を話せる人もいますが、最近の台湾は、日本語はほぼ通じなくなってきてるな、という印象です。とくに若い人たちは日本語よりも英語を話します。

でも、日本軍が台湾を統治していた時代、日本人が台湾人のために資源の提供や設備、建設等を行ったため、日本人に感謝してくれている台湾の人がすごく多いんです。

台湾のメトロも日本の地下鉄を模しているそうですし、日本が大震災で被害を受けているときも、台湾は率先して日本に多額の寄付金を送ってくれたりしていますよね。

似たような顔をしているけれど、やはり日本人とわかるのか、朝食の席で一緒になると台湾語で愉快そうに話しかけてきてくれたり、あれ美味しいよ(おそらく)、こうやって食べるんだよ(たぶん)と、身振り手振りで教えてくれたりします。

知らない人と、同じテーブルを囲み、おのおの好きなものを頼んで朝食を食べるって、なんだかとても素敵じゃないですか?

とくべつFacebookの交換をするわけでも、連絡先を教えあうわけでもなく、ただ朝食の30分程度を一緒に共有する。そういうの、すごく好きです。

昭和ノスタルジックな温かい雰囲気がある

台湾の朝ごはん

短パンに白いタンクトップにぞうり。そんな出で立ちのおじさんたちが集まって、豆乳スープやお粥をすすっていたり。

子供が親に頼まれたのか、小銭をジャラジャラ握り締めて持ち帰りの朝食を頼んでいたり。

そういう光景が、すごく懐かしくて(すみません、昭和生まれです)、ほっこり温かい気持ちになれるんです。

YAKOのおすすめ朝食専門店

① 永和豆漿

台湾の朝ごはん

鹹豆漿(25元)、起士蛋餅(30元)、蘿蔔糕(30元)、饅頭豬排蛋(45元)など、安くて美味しい台湾ソウルフードがいっぱい。

中は冷房がきいているので、涼しいスペースで食事ができます。

どれもこれも食べたくなってオーダーしてしまうので、お腹がいっぱいに。

鹹豆漿は温かい豆乳スープの中に、揚げパンなどが入った、優しい味のスープです。甘くて冷たい豆漿もいいけれど、わたしは鹹豆漿が大好き。

別の記事で詳しく書いていますので、ご参考にしてください。

https://henasaul.com/taipei-breakfast-3/

永和豆漿

台北市中山區長春路85號
営業時間:19:00〜翌11:00

② 喜多士豆漿店(シードォスードウジャンデェン)

台湾の朝ごはん

とにかく現地の台湾っ子に大人気の朝食専門店。入口でパンみたいなタネをコネたり切ったり、作っているところが見れます。

ここはテイクアウトにする人も多く、写真に写っている右側の人たちは出来上がりを待つテイクアウトの人たち。

すぐにごった返すので、早めに行って席を確保して食べるのがおすすめです。

喜多士豆漿店

台北市中山區民權東路二段71巷15號
営業時間:6:00~11:00
定休日:月曜日(第5月曜日は開店)

③ 青島豆漿店(チンダオドウジャンディェン)

青島豆漿店
このお店は週末の朝が、現地の人たちと触れ合うのにおすすめです。とにかくどれもこれも美味しい。

青島豆漿店

台北市杭州南路一段139之3號
営業時間:5:30~11:30
定休日:日曜日

④ 福州元祖胡椒餅

福州元祖胡椒餅は朝食専門店じゃないので、ちょっと番外編ですが。

焼きたての胡椒餅は、とにかく美味!街中にも、胡椒餅のお店は数あれど、わたしのお気に入りは龍山寺近くの福州元祖胡椒餅。

無愛想な店員さんですが、味はピカイチです。45元、ひとつだけでもお腹いっぱいになるので、安上がり。

30分くらい待たされることもあるので、だいたいの時間を聞いて、焼きあがるまで龍山寺をお参りを済ませるのがいいと思います。

カタコトの日本語で「サンジュップーン」とか「ジュウゴー」とか教えてくれるので、時間が来たら戻りましょう。

釜焼きでできたては熱々なので、火傷に注意しながら、ハフハフ、ホフフと頬張ります。冷たい飲み物必須。

台湾の朝ごはん

https://henasaul.com/pepper-mochi/

福州元祖胡椒餅

台北市萬華區和平西路三段89巷2弄5號
営業時間:9:30~19:00

朝食専門店で朝ごはんを楽しむならホテルの立地選びから

美味しい朝食専門店は、台北駅周辺に集まっているわけではありません。そのため電車に乗る必要が出てきます。でもひと駅が短いので、あっという間に着いてしまいます。

駅から離れたホテルに泊まっていると、この移動を考えただけで面倒臭くなってしまいます。

アクセスがいいホテル、駅近ですぐに電車に乗れるホテルが、朝食専門店を制覇する鍵。

わたしのおすすめは台北駅から徒歩1分の「コスモス・ホテル」です。

ホテルは綺麗ですし高級感もありリーズナブル。英語が話せるスタッフもいますし、とても便利に使っています。

台北駅は、台北の主要スポットに行く中心点なので、どこに行くにもとてもアクセスがいいので、台北駅でホテルを予約するのがベスト。その台北駅から一番近いのが、コスモスホテルなんです。

  • トリップアドバイザーでコスモスホテルのクチコミを見る

まとめ

いかがでしたか?

台湾料理は、美味しいものがたくさんあって、短い旅程だと「あれが食べられなかった!」ということが多いんです。

とくに台湾のローカルフードは美味しいんですが、ランチやディナーのお店ではほとんどおいていません。朝食専門店でしか食べられない美味しい料理は、朝早く起きて出かけましょう!

参考になったら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です