台湾の甘いお茶



こんにちは、YAKOです。

台北で初めてローカルの食堂に入ったときびっくりしたのが、「ウーロン茶ありますか」と聞いたら、「飲み物はビール以外置いてないから、飲みたかったら外にコンビニがあるから、そこで買ってきて」と言われたこと。

全然商売っ気がない…

日本のレストランなら、ソフトドリンクでも挑戦的な値段つけて粗利取るのに。

…とびっくりしていたら、これ、台湾の食堂アルアルみたいでした。

もちろん、高級なお店やデパートに入っているようなお店ではそういうことはないですが、街中にあるローカルな店は、こういうスタイルを取っているようです。



お茶に砂糖が入っている

台湾の甘いお茶

お茶でもウーロン茶でもジャスミン茶でも、いわゆるお茶系のペットボトル、気にしないで買ってみて飲んだら「ぶほーッ!なんやこりゃ」というのも台湾アルアルです。

普通のお茶だと思ってグビグビ飲み干すと、その甘さにブホーとなります。

台湾ではお茶に砂糖を入れて飲むのがメジャーみたいです。

砂糖入りのものと、プレーン入りのものが両方あって、気を付けないと甘ったるいお茶を飲む羽目になります。

ペットボトルの外観では、ほとんど見分けがつきません。

小さい文字で「日式無糖緑茶」とか「無糖」と書かれています。

日式というのは日本式、ということでしょうね。日本は砂糖を入れないんだってさー、ふーん、と言っていそうです。

日本人はよもや砂糖が入っているとは思わないので、ちゃんと見て買わないと甘ったるいお茶を掴むことになります。

まぁ、マズイわけではないんですが、無駄にカロリーを取りたくないのと、いっぱい台湾料理を食べて口をスッキリさせたいのに、さらに甘ったるさでパンチを喰らうので気を付けましょう。




台湾現地ツアーならMyTaiwanTour!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です