台湾のイケメン



台湾は大好きな外国のひとつです
なんといっても台湾のおすすめは、料理が美味しい、たくさん観光スポットがある、そしてメトロが発達していて気軽にどこまでも行けるところ!。そして、なにより人が優しい!
台湾旅行は日本人にとって、近いし安いし、超おすすめの渡航先です。

立ち止まって地図を眺めていると、必ず助けてくれる

台南のイケメン兄弟初めて台湾に訪れたとき。不慣れな土地で、看板や表示の漢字をみても想像もつかない。

iPadにダウンロードしたmaps.meを頼りに道を歩いていたのだけれど、GPSがうまく作動していないのか、歩く方向を指し示す矢印の向きも曖昧で途方に暮れたことがありました。

路上で立ち往生していると、かなりの確率で助けてくれる人が現れます。

慣れないバスに乗り込むと、心配してくれて声をかけてくれる

台南のイケメン

ひとりならわかりませんが、日本語を話している旅行客が二人でバスに乗っていると、そのバスがあきらかに観光地へ向かう路線じゃないときに、声かけてくれる人がけっこういます。

台湾語で、身振り手振りで「このバスは〇〇へ行くけど、あなたたち、どこへ行こうを思ってるの?」なんてことを言ってくれていると思うのですが、たいていなんとなく通じるのでこちらの目的地の地図を見せて、「路線違うから降りなさい。向こう側のあっちのバス」なんていう風に、助けてくれたことがありました。

日本では、言葉が通じない相手に心配だからこちらから話しかけて助けてあげるってこと、あまりないですよね。



道を尋ねると言葉が通じなくても最後まで付き合ってくれる

台南に行ったとき、行きたい通りが探せずにいて、お店の男の子に道を聞いたことがありました。

台南では日本語も英語も通じる可能性は、台北よりさらに低くなります。

それでも英語で色々地図を見せながら聞いていると、職場のスタッフに聞いてくれたり、地図をスタッフ全員がのぞき込んで「あそこかも」「いや、たぶんこっち」なんて会話を繰り広げ。

結局、行きたい場所へは「一つ目の道を右、まっすぐ行って左、また右、左」なんてことになって、わたしの小さな頭では到底記憶できず、なんとなくわかりました、ってお礼を行って、連れ合いと「まぁ、もう少し行って、わからなくなったらまた誰かに聞こう」ということにり歩きだしました。

しばらくすると、後ろからプップー、プップーと音がして振り返ると、さっきの男の子が原チャリで追いかけてきてくれて、なんとわかりやすいところまでナビゲートしてくれました。

そのスーパー親切なイケメンボーイがこちら。

台湾のイケメン

何度も来たい、と思わせてくれる人の温かさ

台湾は、お年寄りも若い人も、とても優しくて親切です。メトロ内でも、若い子は絶対にシルバーシートには座らない。混んでいても、シルバーシートだけは空いている、という光景はよく見ます。

中国でも大陸と台湾は全然別物。台湾は、日本と同じ島国で独自の文化や感覚を大切にしながら生活している気がします。

まとめ

いかがでしたか?

言葉は通じなくても、台湾の人たちは温かい気持ちで日本人を受け入れてくれている雰囲気があります。

台湾に行ったことない!という人は、ぜひ行ってみてください。素晴らしいところです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です